Item Detail

crf250用リアキャリア

ホンダ crf250は先代モデルにあたるXR系が空冷エンジン、燃料の供給方法はキャブレターだったのに対し水冷エンジンを搭載し燃料の供給方式はコンピューター制御のフューエルインジェクションを採用し日常を便利に週末を楽しむと言うコンセプトで作られてた扱いやすいモデルです。

実際に乗ってみると、アクセルを回した瞬間から鋭く回転が吹け上がり、低速から中速までスムーズに加速する為、初心者でも運転しやすいパワー特性です。前置きが長くなりましたが、試乗しているうちに、こんな風に思ったのです。

「旅にいきたいな」

ボックスを装着する為にはリアキャリアが必要になるためボックスをセットで買う人も増えています。

ボックスはとても便利なのですが、リアキャリアとシートに荷物を載せてネットで固定した方が沢山の荷物を積載する事が出来ます。とくにかさばる荷物を積む場合は、ボックスには収まりません。

そこで限界までリアキャリアとシートの高さを近づけて荷物を積載しやすくしました。ただし、ツーリングで大量に荷物を積む時以外にはボックスが付いていた方が便利なので、ボックスのベースを装着する為にテールカウルとの間を最低限確保しました。

もちろん機能性だけではなく、crf250のイメージを崩さないようにデザインも意識しました。オフロードバイクのリアキャリアに採用される事が多いアルミで製作することも検討しましたが、スチールに比べると剛性が低く求められる剛性で作ると、スチールに比べて太い素材を採用しなければなりませんでした。

細い車体に太いアルミのリアキャリアの組み合わせは悪くはありませんが、crf250はシャープでアグレッシブな形状、徹底的なコンパクト・スリム化をコンセプトにデザインされたバイクです。このバイクのデザインを崩さない為に素材としてはオーソドックスなスチールを採用しました。アルミに比べて剛性が高い為、アルミで設計した時に比べて細いパイプで設計する事が出来ました。

 

 

最大積載量は5kgですが、シートとリアキャリアにまたぐように荷物を積むことでテントやシュラフなどの大型の荷物や10kg程度の荷物を積載することも可能です。ちょっとしたキャンプ用品なども積載できる為、キャンプツーリングにも行くことも可能です。

CRF250RALLYにも取り付け可能

2017年に発売されたCRF250RALLYにも装着可能です。

 

適合車種:crf250L/M/RALLY 最大積載量:5kg

  • 製品名・型番
  • ×

Category:リアキャリア