Item Detail

バイク用鍵付きETCケースセット セロー250

バイク用鍵付きETCケースセット セロー250(商品番号:etc-1-7)

 

グローブを装着したまま料金所で支払いをするのは困難ではないですか?そんな時、ETCはとても有効な装備です。

今やバイクでの高速道路の走行時も必須アイテムとなったETC。

しかしながら盗難被害とも隣り合わせである事を忘れてはいけません。

ETC車載機にカードを入れっぱなしの状態で車両を離れ、カードが盗難され不正利用された場合はあなたが支払いをしなければいけない義務もあります。

自衛の為にもETCカードを盗まれない工夫をしなければなりません…

そこでワールドウォークでは「鍵付きETCケース」を開発。しかしながら取り付けには一工夫が必要。車種専用のマウントステーがあれば、取り付けも迷う事なくできます!

ETCケースとマウントステーがセットになったセロー250専用の「バイク用鍵付ETCケースセット」と、マウントステーのみの「ETCケース用ステー」の2種類をご用意。


≫ 素材

ケース本体:アルミ ステー:スチール

ステー類:スチール 黒塗装仕上げ

 

≫ 適合車種

YAMAHA セロー250

年式:2008年式(JBK-DG17J)~2020年式ファイナル(2BK-DG31J)

※BA-DG11Jは実車両での適合確認とれてません。



≫ ETC適合機種

ミツバサンコーワ

MSC-BE51(W) MSC-BE700(E) MSC-BE61(W) 3機種専用設計

 

≫ 製品仕様

・カラー:ブラック

・素材:ケース本体/アルミ 取り付けステー/スチール黒塗装仕上げ

・作業時間:0.5h

・サイズスペック ETCケースのサイズ : 93×35×154 (多少長めの設計となっているのは鍵の機構分です。)

・付属品:【鍵付きETCケースセット】ETCケース本体・専用ステー・取り付けボルト一式・取扱説明書

・付属品:【ETCケース用ステー】専用ステー・取り付けボルト・取扱説明書

・販売価格:バイク用鍵付きETCケースセット 15,400円(税込)

・販売価格:ETCケース用ステーのみ 4,620円(税込)

≫ 適合車種

YAMAHA セロー250

年式:2008年式(JBK-DG17J)~2020年式ファイナル(2BK-DG31J)

※BA-DG11Jは実車両での適合確認とれてません。


≫ ETC適合機種

ミツバサンコーワ

MSC-BE51(W) MSC-BE700(E) MSC-BE61(W) 3機種専用設計

  • ・カラー:ブラック
  • ・サイズ:
  • ・素材:スクリーン本体/アクリル 取り付けステー/スチール黒塗装仕上げ
  • ・作業時間:0.5h
  • ・ETCケースのサイズ : 93×35×154 (多少長めの設計となっているのは鍵の機構分です。)
  • ・付属品:ETCケース本体・専用ステー・取り付けボルト一式・取扱説明書
  • ・販売価格:鍵付きETCケースセット 15,400円(税込)
  • ・販売価格:ETCケース用ステーのみ  4,620円(税込)
  • 製品名・型番
  • ×

製品仕様

鉄に比べて軽いアルミを採用

アルミの板材を厚さ2mmにレーザーカットして適度な厚みを持たせた事で強度を確保。表面に黒の半艶塗装を施し、車体に溶け込むと共に錆びにくい仕上がりです。

ガタつき防止のクッションスペーサー

走行中のガタツキを抑えるために、クッションスペーサーを貼り付け。ケース内の振動吸収をサポートします。

クッションスペーサーの予備を付属

取り付け位置などによってはETCケースの中で車載機がガタつく事があります。 クッションスペーサーを一本付属していますので、万が一ガタつく場合にはクッションスペーサーで調整が可能です。

ミツバサンコーワ専用設計

車載器はミツバサンコーワの専用設計。(適合車種参照)

ケースサイズを極限までコンパクトにし、ケースに収めるとほぼピッタリになります。

■「汎用ETCケースのみ」はこちらからご購入可能です。

ケース内部のボルトも工夫

ボルトの頭がETC本体に当らない様に特別な低頭ネジを付属しております。 鍵はイージス艦やジェット機、新幹線などにも部品を供給している栃木屋製マイロックを使用し、ETCケースをできる限り小型にするために元の鍵より更に小さく加工し装着しています。

配線を保護するゴムグロメットを付属

配線の劣化防止の為にケースの配線箇所にゴムグロメットを付属。

シートカウルの下に収まる専用設計のステー

ETCの取り付け場所にはハンドルにマウントさせる方法もありますが、ハンドル周りは出来る限りスッキリとさせたい方も多い筈。

長距離走行の際はドリンクホルダーやスマホをマウントする事も多い為、多少の大きさが伴うETCケースはそのような他のアイテムを出来る限り邪魔しない場所に取り付けたいところです。

ETCケースを取り付けた時にシートカウルの下にピッタリ収まるようステーを設計しました。目立ちにくく、タンデム時もできる限り邪魔にならないよう考慮しました。

ステーは上記画像のようにリア部分の前方・後方どちらの向きにも取り付け可能です。ヘルメットロック・ウィンカー等への干渉にご注意の上お取り付けください。

  • 製品名・型番
  • ×

取り付けイメージ

 

Category:ETC