Item Detail

お客様の声

まず始めに断っておくと、バイク用インカムとして使用するのは本商品が始めてなので、他社製品と比較出来ない事をご了承ください。商品を手にしてまず感じたのは、その軽さである。携帯電話にもブルートゥースが搭載されている昨今ではこれぐらいの重さが妥当なのかもしれないが、バッテリーを含んだ商品仕様で約100gの重さというのは、バイク乗りなら誰もが気になるヘルメットの左右バランスにおいて全く影響がないレベルと言えるだろう。

重さよりも気になるのは、通話距離と音質、そしてバッテリーの持ちだろう。上記の3項目がこういった商品で最も重要だと言っても過言ではないぐらいに気になる部分である。まずは市街地での使用感から。友人と都内を走る機会があったので、本商品を試してみたが、高いビルが立ち並ぶ幹線道路でも目測で300mは問題なく会話できた。

信号につかまり離れてしまったとしても、クリアな音質で会話できるのは心強い限りである。また、友人はジェットヘルメットを使用しているが、風切音もなくクリアな会話が出来た。これには本商品のノイズキャンセリング機能が大きく貢献しているのだろう。また、音楽機器を接続して常に音楽を聴いていたが、音楽のクリアな音質も特筆すべきだろう。

少し大きめとも思えるスピーカーが、低音を強調することも、高音を強調することもなく聴きやすい音質で音楽を提供してくれる。次に高速道路を含むツーリングでの使用感である。前日にバッテリーを100%まで充電し、伊豆半島にあるキャンプ場まで、ほぼ高速道路を使用して向かってみた。

今までこういった商品を使用した事がなかった私にとって、バイクに乗りながら音楽が出来るというのは、想像以上に快適で、また、走っている最中に発見したものをその場で友人に共有でき、いままで感じられなかった一体感を得る事ができた。1泊のツーリングで最も実感したのは、そのバッテリーの持ちの良さである。片道約5時間の間、ずっと音楽を聴きながら時折友人と会話をしたが、往路でのバッテリー消費は約80%であり、また、復路でも往路と同じような状況で使用したが、帰宅した時点でもまだ1/4以上のバッテリー残量であった。

本商品のバッテリーの持ちは、日本よりも長距離移動が多いであろう欧米を基準にしているからであろう。市街地でも高速道路でも、ブルートゥースによる無線機能だけでなく携帯電話やウォークマン使用したが音質については全く問題なく、またバッテリーの持ちについても1泊程度のツーリングなら問題なく使用できるだろう。

マイクが2種類付属しているのも、それぞれの使用シーンに合わせて選べるという点で好感が持てる。また、これは使用者の自己責任となるかもしれないが、USB対応からの給電でで本商品を充電出来るというのも大きなメリットだろう。他社製品に対して遜色ない機能性と、アドバンテージとなるであろう価格。 購入を迷っている方がいたら、間違いなく背中を押せる商品である。

 

以前 HOLA-F10  を2セット購入した○○ですその節はお電話での丁寧な対応、有りがたい値引き等や迅速な発送と大変お世話になりました早速ですが現在までの取り付けから使用して感じた事を書き込みます

現在の使用状況はCB1300ST=自分と後ろに乗る嫁+レーダー
1400GTR=嫁父様と後ろに乗る嫁母様+レーダー *今後ナビ取り付け予定*

まずは使用してみた感想ですが、取り付けに関しては問題なく取り付ける事ができました。設定に関して説明書が分かりづらいです、もう一歩踏み込んだ説明があると分かりやすいと思いますレーダーからの反応は良くツーリングで2度助かりました

通話に関してはクリアーな音声で会話も通りやすいのでとても良いと思われます通話距離は想定の範囲以上で満足しています


HOLA-F10インプレッション

ヘッドセット使用経験:今回が初めて
使用状況:ほぼ毎日使用
使用割合:ソロ90% タンデム10%
使用ヘルメット:ジェットタイプ

【取り付けについて】
本体の取付けは、クリップと両面テープの併用を選択しました。アタッチメントは一回付けてしまうと剥がせないので、事前に操作をしやすい場所を決めてから取付けた方が確実です。クリップはかなり固いので、しっかりヘルメット本体にアタッチメントを押し付けることが可能です。マイクとスピーカーユニットの取り付けです。マイク・スピーカーは端子で接続されており、簡単に着脱出来ます。しかも、はめられる端子は決まっているので、全部の配線を外しても迷うことがありません。「付くようにしか付かない」仕様なので、迷うことなく装着が可能でした。

ただし、気をつけなければならないのが配線の取り回しです。ヘルメットの着脱で配線が切れないように、極力ヘルメットのライナー内に配線を押し込みます。正直、配線は細いです。大体の取り回し画決定したら、実際にスピーカーをヘルメット内に貼り付けます。予めヘルメットを被り、どこに貼り付ければいいかという目安をつけておくといいでしょう。最後にマイクの取り付けです。とにかく配線を外に出さないようにするのと、自分のヘルメットのライナーが外せるということもあり、ヘルメット内にマイクの基部を貼り付けました。貼り付ける前には、マイクの位置が自分の口と適切な位置になるように位置を決めてから貼り付けをします。

【携帯電話とのペアリング、会話・音楽再生】
まずは、ブルートゥース機器の登録から始めます。迷いそうならば携帯電話のマニュアルも用意をお薦めします。マニュアルの手順でペアリングをしますが、あっさり認識してくれるので、簡単に終了しました。後はオプションの設定をします。携帯電話の着信・通話や音楽の再生などを設定するのですが、特に音声で着信が出来るモードが便利です。着信が入った際にマイクに「もしもし」というだけで、電話に出られる優れた機能で基本的に両手がふさがっているライダーには手間無しです。その他、携帯電話の持っている機能とHOLAの機能の組み合わせで、使い勝手が格段に良くなります。

これらの機能を使うにはやはり携帯電話のマニュアルはあった方がいいと思います。また、全ての携帯電話が同様の機能を持っているわけではないので、一部の機能は使用できない可能性もあります。実際に外で使用を始める際に、音楽再生をしてみました。音質の印象はトレブルが利いた感じですので、携帯電話のイコライザーで調整を掛けました。実際に屋外で使用した時には嬉しい機能があります。バイクに乗っていると周りの交通状況や自分のエンジン音で音楽や音声が聴きづらくなるかと思いきや、周囲の騒音に合わせてHOLAが自動的にボリュームコントロールを掛けてくれます。常に一定の音量でヘルメット内に音声が聞こえる状態で、ストレスがありません。マイクつきのヘッドセットでは味わえない機能です。

この性能の恩恵は携帯電話の通話でも受けられます。ちょうど、踏み切りで停車をしている時に電話の着信があったのですが、電車の通過音の中でもしっかり会話をすることが出来ました。道路上のノイズに関しては、影響を受けることはありません。電話の音声に関しては、通常の電話同士による会話の音声より太く聞こえます。
音楽がトレブリーなのに対して、会話はどっしりと安定感のある音声でやり取り出来ます。携帯電話によると思うのですが、シャカシャカした感じがないので非常に安心感があります。

これは走行中の会話でも同様で、周囲の音の状況に左右されないで安定した会話が可能でした。聞き取りにくいとそちらに集中してしまい、走行に支障をきたしてしまいます。ここらへんの安定感はやっぱりヘッドセットには勝てないですね。

【雨中使用】
HOLAはIPX6という防水規格をクリアしているそうで、ちょっとやそっとの雨ではビクともしないとの事。ほぼ毎日バイクに乗っているので、雨にあうこともしばしばですが、かなり強い降りの中でも何の問題も起きません。

【バッテリー性能】
バッテリーの消費量の状況です。カタログスペックでは満充電で12時間ほどの使用が可能とのこと。約7時間強使用した所で、消費量は50%でした。
使い方にもよると思いますが、カタログ値をクリアしてます。

【HOLA同士のペアリング】
手順は至ってシンプルでマニュアル通りで即、双方向通話が可能です。

通信状態でマイクに向かって話すと、相手の声の他に小さく自分の発した音声も聞こえます。例えばトランシーバーだと、自分が話している声は機器から聞こえませんが、HOLAの場合自分のしゃべっている声もスピーカーから聞こえるので、単純に機器が動いているという目安になります。

通常、タンデムライダーと話す時、後ろからの声は聞こえやすいですが前からの声は聞き取りにくいこともあって、それなりに大きな声で話すことが多いです。走行中に後ろを向くのもそれなりにリスクがありますが、ヘッドセットで会話をすると楽チンの一言に尽きます。スピーカーで必要十分な音量で声が聞こえますし、常に前を向いて小声で話せます。タンデムライダーからの声は後ろから直接聞こえる分とHOLAから聞こえる分で二重に聞こえますが、携帯電話を近距離で掛けた時のような大きなタイムラグがないので、不快さは感じないレベルです。また、自動ボリューム調整もきちんと効いているので、周囲が騒がしくても関係ないです。ヘッドセット同士が近く、かつ直線で結ばれているので、音切れもないのも二重丸◎!さらに、風切り音とは無縁になります。

【気になった点】
・音声の断線
自分は普段は携帯電話をストラップを使用して首に掛けてウインドブレーカーの中に入れています。今日はさらにその上にカッパを重ねていたためでしょうか、数回断線を起こしました。ブルートゥース自体、電波の飛ばし方が直線的で障害物に弱いという話を聞いたことがあるので、ちょっと意地悪な接続だったかも知れません。
また、車線変更で目視のために急速に左を向くと断線の傾向がありました。

右側では一回も無いので、自分の体が電波を遮ったのでしょう。断線といってもほんの一瞬の事で、すぐに何事も無かったように回線が復活します。ストレスを感じるほどのことはありませんでした。電話の通話に関しては音切れが起こったことがないので、モード毎の携帯電話の送出レベルの問題だと思います。

・屋外での駐輪時
メットインに荷物がいっぱいで、ヘルメットをヘルメットロックに掛ける際に本体はすぐに取外せますが、マイクはそのままヘルメットに付いた状態です。いたずらや盗難が心配なので、ヘルメットはいつでも持ち歩くことが多くなりました。可能であれば、本体とマイクが一体式の方がストレスが無いと思います。

【総括】
ボタン構成がシンプルで対応機器の性能によっては、かなり楽しめるツールです。最近では携帯電話で映画等を持ち歩けるようになっていますので、音声送出をすることによって、音をモニターすることも可能です。携帯電話のナビなどでも音声送出すれば(電話の機種ごとに可不可はあると思いますが)便利ですね。また、電話の着信を走行中でも気軽に出来るので「掛けなおし」をする必要がなくなりました。
長い目で見れば自分が掛けなくてもいい分、電話代の節約になります。

初めてのブルートゥースヘッドセットですが、手放せないアイテムになりました。

 

今回「HOLA F-10」を使用した感想を送らせて頂きます。

私(茅ヶ崎市在住、会社員46歳)2007年式カワサキベルシス

妻(主婦46歳)2012年式ホンダCBR250R

インカムは先日壊れるまでB+com213を使用してました。それとの比較も記したいと思います。
本体のメットへの取り付け自体は、2セットで1時間はかからなかったと思います。

驚いたのはペアリングの簡単さでした!メインのボタンを押して電源を入れただけでペアリングが完了したような感覚です。ほんのちょっとだけの操作で会話ができちゃったのにはビックリです。B+com213は、初めてのインカムだったってのもありますが、ペアリングに結構戸惑った感じです。実際に走っての感想は、B+com213と比較して、通話感度や距離、音量とどれも圧倒的に上回っていると思いました。

200mも離れたり、2台のバイクの間にトラック等の大型車が入ったり、カーブを1個でも曲がると途端に通話が途切れ気味になっていたB+com213に対して、HOLA F-10は後ろを走る妻の姿が見えなくなるような距離に離れても通話感度に変化はなく、山道でコーナーを数個隔てても全然変わらず会話ができました。

これは凄い!の一言に尽きると思います。こんな性能があったのなら、初めからこちらを購入すべきでした。

ただ残念な部分として、10秒間の無音状態が続くと通話が切れる機能は、ありがた迷惑でイライラします。途切れた通話は言葉を発せればすぐつながりますけど(それでも3~4秒くらいはかかります)、ちょっとした瞬間の会話には間に合わない場合が多々ありました。

この会話を遮断する無音状態10秒間の時間を延ばすか、無音状態でも遮断しないようにできないものかと思います。


スマホとナビに使っています。

音もクリアで、大変重宝しています。

車種はスズキ スカイウェイブ 2001年型 です。


早速ですが使用しての感想と写真を送付します。

はじめてこのような製品を購入したのですが、

設定等も簡単でボタンもとても使いやすい配置になっていると思います。

音質は他の製品と比べることはできませんがとても満足しています。

これからもっと使いこなしていきたいと思います。


HOLA F10の使用した感想を送らせていただきます。以前は某K社の有線のインカムを使用していまして、ヘルメットを新調するのをきっかけにBluetoothインカムを導入しました。

はじめに数あるメーカーの中からHOLAを選択した理由ですが、問い合わせの電話の対応が親切で私の疑問が解決したからです。HPが若干派手なので(笑)少し警戒していましたが、価格の割安感もあり御社を選んだ次第です。

さて、使用感ですが当方の使用目的としましては、ツーリング中の音楽と電話の応答です。iPone5とのペアリングは無事完了。実に簡単でした。以前Bluetoothのヘッドホンを使用したことがあるのですが、通信が途切れることがありがっかりしたことがあるのですが、HOLA-F10とiPhone5のペアリングでは300kmのツーリング中、一度も途切れることはありませんでした。

ちなみにiPhoneはジャケットの胸ポケットに入れていました。VOX機能は便利でした。走行中一度電話がかかってきましたが、「もしもし」と声をかけるだけで着信応答できました。また便利だったのがMFBボタンを一度だけ押すとiPhoneのSiriが起動し、マイクに話しかけることでアドレス帳に登録されている友人に電話発信できたことです。

バッテリーの持ちに関しては7時間の走行で残量50%ということでした。非常に満足していますがひとつ希望を言うとすれば、マイクがもう少し小型であれば文句なしです。


バイク:VFR1200 DCT(2010年)

ヘルメット:フルフェンス

HOLA-F10は、友人(インカム未経験)とセットで購入。B+COM SB213と比較しながら記します。

本体のヘルメット取り付けは、2セットで1時間はかからなかったと思います。他のBluetooth機器(Mio P560ナビ、Garminナビ、携帯等)とのペアリングも簡単で驚いた。メインのボタンを押して電源を入れただけで、ペアリングが完了したような感覚です。B+COM SB213の時は、初めてのインカムだったこともあり、ペアリングに結構戸惑い取説を見ながら時間がかかった気がします。

実際に走っての感想、B+COMでの通話経験がないので比較は出来ないが、通話感度は安定してノイズも入らず、小声で話してもクリアな音声で会話できる。通話距離もほぼ仕様通りで、ストレスを感じずこれで十分と思う。また、B+COMでは、下車してナビから6~7m離れると電波の瞬断が、度々発生し向きを変えて対処している。

HOLAは今のところ、それは皆無でストレスを感じない。携帯との通話は、ヘルメット側、携帯側ともクリアに聞こえる。機器との相性もあるとは思うが、B+COMとau携帯では、ヘルメット側はクリアに聞こえるが、携帯側がノイズが大きく聞き取れない状態となる。

バッテリーの持ちは、HOLA通信時間と音楽再生時間が半々位の使い方で、2.5Hr×2回の使用で残量50%のアナウンスがあった。若干、少ない気もするが、ほぼ仕様に近い値で日帰りツーリングなら十分と思う。操作性では、VOX機能等の使いこなしに慣れれば、状況に合わせて上手く使えそう。音楽再生では、B+COMのスピーカーの方が重低音があり響きが良い。HOLAは、甲高い音で演奏の音が聞き取りにくく感じる。スピーカーは、もう少しグレードアップして欲しい。

[気になる点]

1. インカム本体を固定ブラケットより外した時、スピカー付USBケーブルが格納できないため、差し込み部に粉塵や雨等の侵入の心配がある。キャップ等が付属すれば防止できそう。ちなみに、B+COMの場合は、インカム本体とスピーカーをコネクターで繋ぐため、ケーブルがヘルメット外にはみ出さない。私はキャップを固定ブラケット横に貼付けケーブルを止めている。

2. インカムで携帯受信した最後の携帯への発信が、インカムで出来れば使いやすくなる。

3. バッテリーチャージャーの2台同時に充電は良いが、二人で購入した場合は、もう片方の人の充電は困りそう。

手頃な価格と高品質、良いんじゃないでしょうか。バイクライフが更に楽しくなりますよ。お勧めです。


カワサキ  バルカン900 クラッシク 

インカムの使用は初めてで、他社品との比較はできませんが先日、妻とタンデムで使用した時の感想を送ります。
取り付けはいたって簡単で尚且つ軽量で付けている感じが負担にならなかったです。

いつもは前後でほぼ無言?ないし大きな声で喋っていたのが声もクリアではっきりと聞き取れます。
以前と比べると、とても楽しく使用できました。

ただ気になるところが無言が少し続くと切れてしまう事と、話の途中で切れてしまう時がある。
ボタンを押して話せば問題ないが・・・これからタンデムも楽しくなるかも!!

担当者からのコメント

VOXのグレードを常時接続に設定すると、無言の時間が続いても、会話が途切れません。お試し頂けましたら幸いです。


ずっと寒かったので、なかなか(愛車)カワサキZX10Rに乗れなくて!

やっと乗れたので、写真お送りいたします。


長崎から雲仙の曲がりくねった道でもよく通信でき、

快適なツーリングでした。


<感想>
・取り付けが容易。
・音の感度がよい。高速道路で風の音が大きくなっても会話可能。
・電池のもちがよい。丸一日使用しても大丈夫。

・ヘルメットの内装も原因のひとつだが、スピーカーが耳にあたり痛いのでクッション性があるとよかった。
・VOXモードでのHOLA f10同士の通話は、話始めてからつながるまでタイムラグがあるので、会話の最初は伝わらない。

<車種>
YAMAHA YZF-R1 2009年式
KAWASAKI ZEPHYRχ 2008年式


私は,北海道在住58歳会社員

バイクに20年ぶりに乗り始めました

HOLA F-10インカム

iPhone5で携帯とナビ iPhone4sで音楽とドライブレコーダーその他でレーダー を称しています毎日通勤で使っていますが快調に作動しています

6月2日3日で旭川から函館間の往復しました片道10時間掛けて函館に着いた時に25パーセントでした


私の使用環境はハーレーXL883にジェットヘルです。

タンデム時と携帯ナビ用に購入しました。

まず取り付けと設定は、説明書を読みながら行って1台目30分程度。2台目は慣れて15分程度でした。

家庭用の電子機器を普通に扱えるレベルであれば問題ありません。

音声はかなり聞き取りやすく、高速走行時もよく聞こえました。

ジェットヘルで高速走行した場合、風切り音があるのでVOXグレードの操作必要ですが、調整後は風切り音に余計な反応せず快調にナビの音声が流れました。

これからはツーリングでの道のりが一層快適に、また同乗者とリアルタイムで旅の感動を共感出来そうです。

以上、タンデムでの利用はまだしていないので、取り急ぎの内容となりますがよろしくお願いします。


本日、1台をスモールジェット(全排気量)に装着しましたので画像を送らせていただきます。

携帯電話と同期させ音質等の確認させていただきましたが期待以上のクリアーさに正直驚いた次第です。

以前、B+com SB203 を使っておりましたが あきらかに音質はHOLAのほうがいいと感じます。

現在使っているSB213evoとほぼ同等、もしくは上回ってるかもしれません。

唯一気になったのは配線類の細さや途中のエクステンションですね・・・


いままで有線のものを利用していたので大変便利です。

有線だと二人が離れる時は、接続線を抜いたり、ヘルメットを脱いだりと大変でした。

あまりに使用したせいか、接続部分の故障、今回、貴社の無線のものを購入しました。

まだ数回しか使用していませんが、特に問題はなく使用しています。

ただ、セッティングの際に、少し強い力でやったためか

一台の方は、「ビリ」「ピリ」というような雑音が入る時が数回ありました。

ボリューム等の調整不足かもしれませんが、雑音発生時の対応をお聞かせ願えればと思います。

今後の使用頻度で雑音が増加するようであれば、一台の方は交換していただければと思います。

ライダーの年齢が高いので、あまり見た目は気にしませんが取り付けた感じはスッキリとしていた大好きです。

妻もなかなか気に入っているようです。ようやく無線の仲間入りができました。

あまりスピードを出さないので、クリアでよく聞こえます。

高速道路等ではまだ試してありませんが、ボリュームをあげればいいのでしょうか。

雨や雪、風など心配もありますが、防水もあるとか。しばらくは気にせずにバイクライフを楽しみたいと思います。ありがとうございました。

ハーレー ローライダー(2003年) (ハーレーダビットソン100周年記念モデル)

SRX-6(1991年)(初期モデルでキックのみ)

SR400(1978年)(発売当初のもの、タンクだけ錆で交換したのみ、当時のまま)(車体番号1500番台)
いずれも20~35年前の古いバイクですが、車検を取得して現役で走っています。他に車検のない小排気量車2台あり。


取り付けもそんなに難しくありませんでした。

スピーカーを取り付ける際よく聞こえるところに取り付けるのがちょっと大変だった。

95年式ジェベル250xc(マフラー改造)

走行したら思っていた以上に、音質もよく会話もはっきり聞こえました。

iPhone 5を使っているので電話をするのも簡単でした。もっと早く買えば良かったです。


商品到着後、感想が遅れました。福岡から鹿児島までの2日間のツーリング使用後の感想を報告をします。

はじめてのインカム使用で不安と期待が交錯する中で感じたことは、音の鮮明さでした。

ナビゲーションとHOLA-F10のペアリングは思ったよりスムーズでした。

音声も不利なジェット型ヘルメットの使用でしたが鮮明な音声に驚きと聞きやすさに感銘を受けました。

次回はスマホの音声確認をしたいと思っています。

期待も大きく膨らんでいますので今から楽しみにしています。


昨日(10月28日)、同僚たちと今年最後の軽井沢ツーリングに行き悩みに悩んだ結果のHOLA(インカム)を装着し行ってきました。

感想ですが、正直に言うと高速は100㎞以上のスピードは聴き取りにくく、峠では400m~500m離れると音声が途切れストレスがたまりました。

ただ、通常のタンデムや連なりツーリングであれば音も声もナビの案内音声は綺麗に入り

バッテリーの残量ですが朝6時から夕方6時まで残量25%、日帰りなら一回の充電でOK!、十分満足です。

皆さんも見た目ではなく性能や機能、予算、使い易さで選んでは如何でしょうか?私は十分満足でお話が

できる、楽しいツーリングになりました。因みに一人、HOLAを気に入ってくれて一台購入します。

ワールドウォークさんありがとうございました。これから注文します。

担当者のコメント

ブルートゥースの電波は直線的に飛び、障害物に弱いと言う特性がございます。

その為、カーブや障害物が多い山道では、電波は途切れやすくなってしまいます。

 

しかしながら、高速100キロ走行時に聞きづらかったと言う事ですが、この点はちょっとしてコツで改善できるかもしれません。

お写真を拝見したところ、ヘルメットはジェットタイプを使用しておられるご様子。

 

マイクの位置を微妙にずらすことで、ノイズキャンセリングがうまく作動して、ノイズがほとんど入らなくなります。

次回は是非、マイクの位置の調整をしてみてください。