レインウエア バイタル

ワールドウォークロゴ





バイクパーツメーカー ワールドウォーク −> バイクウエア −> レインウエア バイタル

バイク用のレインウエアに求められる性能は極めて高い!

高性能なレインウエアと言えば一般的には釣り用や登山用のレインウエアがあげられますが、バイクでの走行中は釣りや登山よりも過酷な環境下に置かれることがあります。例えばレインウエアにかかる水圧。高速道路では100km/h、一般道でも60km/hで走行すれば普通に歩いているよりもはるかに強い水圧がレインウエアにかかることになります。

更にバイクの運転中には常に体は風を受け続けることになります。そのためレインウエアの前側にベンチレーションがある場合は簡単に浸水してしまいますし、袖口が絞れないものも同様です。

またレインウエアの防水能力は徐々に低下していきます。梅雨時など毎日使い続けていれば次のシーズンは防水性能が必ず落ちてしまいます。毎日通勤などでバイクを使うのであればコストパフォーマンスも非常に大事。1年に1回買い換えても惜しくない価格が大事になってくるのです。

ワールドウォークは何年も前から自社で理想的なレインウエアを作ろうと企画してきましたが、コスト・性能どちらも満たしたレインウエアは未だに実現できていません。ですがアウトドアメーカー・ロゴスが展開する作業着シリーズ「リプナー」のラインナップに理想的なレインウエアを発見しましたので紹介します。

防水性能

走行中に一番浸水しやすいのが前ファスナー部分。ファスナー部分
には二重の前タテを配置し、内側の前タテには折り返しをつけること
で防水性能を際立たせている。

手を伝って雨が入ってきやすい袖口はマジックテープで絞ることが
可能。防水のグローブと合わせて使うことで更に防水性能がアップ

ズボンなどについた雨が走行風で裾から入ってしまわないようにドロー
コードで絞ることが可能

ズボンは裾を絞ることが可能。ハイカットの防水シューズと合わせて使えば足がぬれることを防ぐことができます

 

快適性

暑い時期にレインウエアを着ると汗で蒸れることがりますが、この
製品は背部にベンチレーションを設けています。ベンチレーション
の設計も走行中に雨が入りにくくなっています。
ナイロン生地は汗がつくとべたべたして気持ちが悪いものですが裏地に
メッシュを採用することでべたつきを防ぎます。

信号待ちなどで足を上げ下げする際のツッパリ感はストレスになり
ますが、尻の部分と膝の部分に立体裁断を取り入れているためス
トレスフリーです

バイク乗車中は膝を曲げるので裾が少し上がります。このレインウエアは裾丈が長くなっているので、裾が上がっても足がぬれることはありません。更に裾はマジックでテープで巻き上げることができるので地面に裾がついて不快な思いをすることはありません。

前ファスナー部分にはスライダーがついています。グローブをしている
際などにファスナーの開け閉めがしやすい仕様です。
頭を濡らさないようにするフードは便利ですが、ヘルメットを被って走るバイクの場合、フード内に雨が溜まってしまったり、バタついたりしてしまうことも。フードは衿に収納できるのでバイクに乗る際には収納して使えます。

 

そのほかにも魅力が!

胸と背中部分のプリントは再帰反射プリントを使用しています。車などの
ヘッドライトを反射して自信の存在をアピールして事故のリスクを減らし
ます。

シートとの摩擦で磨り減ってしまうお尻の部分や肩やひじ、膝など万が一の事故の際に地面と接触してしまう部分は補強生地を入れています。

 

 

普段はジャケット類はMサイズを購入することが多く、レインウエアはワンサイズ上のLサイズを購入しています。しかしこのレインウエアはMサイズで余裕があります。バイクに乗っているときに前傾姿勢になったり膝を曲げたりしても袖や裾がめくれ上がってぬれてしまうことはありませんでした。

今回はニットのカーディガンの上から着ましたが余裕があったので、多少厚着した上からも着ることができそうです。

 

Mサイズでも問題なかったのですが、腕の部分が若干短いのとジャケットの丈も少々短いような気がしました。冬でもバイクに乗るので冬用のバイクジャケットの上からでも着れる様にレインウエアはLLを買っていたのですが、このレインウエアならLサイズでも大丈夫そうです。

 

痩せ型なのでジャケットはMサイズ、稀にSサイズを購入することもあります。このレインウエアは作りが大きめなのでMサイズでピッタリです。冬用のジャケットを中に着ても余裕がありそうです。

レインウエア バイタル vital ¥5,900
 


 


お買い物案内

トップお問い合わせ特定商取引プライバシーポリシー

copyright【c】2011 world walk all right reserved
ワールドウォークロゴ