.

コンフォートライトパーカー

ワールドウォークロゴ




バイクパーツメーカー ワールドウォーク −> バイクウエア −> コンフォータブルライトパーカー

 

快適にバイクに乗ることが出来るようになる事を商品開発のテーマの一つに掲げている当社ですが、

今年の初めから力を入れているのがウエアの開発です。

 

 

 

HWW-1のコンセプトは大きく分ければ二つありました。

バイクに乗るにあたって快適に乗ることが出来る機能性と、バイクウエアに見えないデザインの二点です。

 

街中を歩いていれば、一目でバイクウエアとわかる肩パットや胸部プロテクターが内蔵されたウエアは、

事故を起こしてしまった際などの安全性を考えれば、

機能性には優れていても、ファッション性には優れていない為、特に若いライダーには敬遠される傾向にありました。

 

どのようなウエアを選ぶのかは、乗り手の自己責任になりますが、

ファッション性と快適性に特化したウエアがあってもいいのではないか?というのが当社のウエア開発の考え方の一つです。

 

HWW-1はインナー付きの商品の為、インナーを外せば4シーズン着ることが出来ますが、

さすがに春の終わり頃から秋口にかけては、少し熱く感じます。

 

また、インナー付ですので、価格も少々高くなってしまいましたので、気軽に町に出かけるのにさっと着ることが出来る

インナー無しの薄手のパーカー。コンフォータブルライトパーカーを開発致しました。

 

 

少し熱い時期から少し寒い時期にピッタリのウエアです。

一見、ただのウインドブレーカーに見えるコンフォータブルライトパーカーですが、バイクに乗る際に快適に乗る為の仕組みが多数組み込まれています。

 

袖口はゴムである程度のフィット感を出しつつ、風などによってめくれ上がってくるのを防いでいます。また、マジックテープで袖の締め付けの調整をすることが可能です。

袖部分は走行時に最も風が入ってきます。夏場など暑い時期には開放して風を入れることで涼しさを感じることが出来ます。

逆に涼しい時期には、しっかりとマジックテープでしめる事で風の流入を防ぎます。

何度もサンプルで製作したウエアを試着して走行してみたところ、主に高速道路を走行中にひじの上のあたりがバタバタと風によってバタツキました。

バタついた生地が肌にあたり不快だった為、マジックテープでバタつく部分を押さえることが出来るようにしました。マジックテープは裏側に配置し、正面から見た時には見えづらいようにしています。

走行中、袖口や裾から風が入った際に、風が抜ける道がないと背中が膨らんでしまいます。背中が膨らむと、後ろに引っ張られ危険ですし、生地が痛んでしまう為、背中の左右端にジップで開閉可能な風抜きをつけました。

また、前側には走行中にポケットに入れたものが落下することがないように、ジップで開閉できるようにしました。

前をしめるジップを一番上まで上げると、ヘルメットとジップ部分がぶつかり、傷になってしまう可能性がある為、チンガードを装備しました。
バイクは車に比べて小さい為、走行中、車に存在をしっかりと知ってもらうことが大事です。右胸のロゴは反射材素材を採用している為、ヘッドライトの光などを反射して存在をアピールします
襟にも反射材を使用しました。後方からの視認性も高めています。また、フードは襟の部分に収納可能です。走行時などバタツキが気になる場合は収納することが出来ます。
特に乗車姿勢が前傾になるバイクの場合、ジップの金具でタンクに傷をつけてしまうことがあります。ジップ部分には前タテをつけている為、タンクに傷をつけてしまうリスクを軽減しています。

 

 

コンフォータブルライトパーカーの素材には透湿素材採用しています。

汗をかいたときなど蒸れずにウエアの外に湿度を放出する為、さらりとした着心地を維持することが出来ます。

 

以下の動画はコンフォータブルライトパーカーの透湿性を確認する実験です。

 

 

加湿器の上にコンフォータブルライトパーカーを置き、その上にグラスを置きました。

加湿器から発生した蒸気がコンフォータブルライトパーカーを通過してグラスが曇っている様子がわかると思います。

 

 

 

遠くから見るとわかりにくいのですが、近くで見ると生地は若干地模様があるものを採用しています。

光にあたった時など反射して地模様が浮き上がる為、視認性の向上にも繋がっています。

 

 

サイズはM、L、XL、XXLの4サイズをご用意致しました。

男性、女性どちらも着ることができるシルエットです。

 

 

付属のスタッフバッグに収納すれば9×14センチの超コンパクトサイズです。

シート下にスペースがほとんどないネイキッドバイクなどにも車種によっては収納可能です。

 

 

サイズ設定の中で一番大きいXXLサイズをスタッフバッグに入れた状態で210gです。

超軽量ですので、バックの隅に入れておいても気になりません。

 

こんにちは、ワールドウォーク代表の相京です。代表なんて偉そうな肩書きを名乗ってはおりますが、前回のウエア開発同様、今回もテストライダーは私が勤めました。このウエアの開発には半年かかりました。思ったよりも薄手のウエアの開発は難しく、次々と修正点が出てきてしまいました。

もっとも大きな方向転換は防水性能に関してでした。透湿性能を持たせつつ、生地を薄くしていくと、どうしても防水性能は損なわれてしまうのです。生地を厚くしていくと、防水性能も追加することが出来るのですが、それでは、結局はhww-1と同じになってしまい、少し熱くなってきた季節は暑さを感じてしまうのです。

そこで、思い切って、防水性能はあきらめ、生地は出来るだけ薄くし、しっかりと透湿性能を持たせました。これで快適に乗れるようになりましたが、今度は薄くなった生地が走行中にバタつくというトラブルが発生しました。バタつかないように風の通りを考えベンチレーションを背中に配置し、高速道路走行時に感じたひじの上あたりのバタツキはマジックテープで締める事が出来るようにしました。

前回同様ですが、とにかくバイクに乗って、快適性を確かめながら作り上げた一着です。

なお、サイズ感ですが、身長165センチ 65キロの私が着る場合、ピッタリとした感じで着るのであればMサイズですが、中に着るものによっては、Lの方がベターです。


「快適」を大前提に開発されたこのウェア。生地には透湿素材を採用しているため、身体から発する湿度などを逃すことで蒸れずらくなっています。

またディテールを見ていくと、実際にバイクに乗った時のシチュエーションを想定した工夫が多数施されています。詳細は商品ページをご覧いただくのが一番分かりやすいと思いますが、個人的に一番ありがたかったのが風抜き穴です。一般的なウインドブレーカーでバイクに乗れば、袖や胸元から入ってきた風が行き場を失い、上半身がパンパンに膨らむことでしょう。

走行風によって後ろに引っ張られるたり、激しくウェアがばたついたりすることは、長距離になればなるほどストレスや疲労の原因となります。ですがこのウェアには風抜きがあるため快適にライディングを楽しむことができます。加えてこのウェアの特徴である収納時のサイズも必見です。手のひらに収まるコンパクトサイズになるので、バイクのシート下にも忍ばせておけばいざというときのお守りがわりにもなるでしょう。

サイズ感ですが、身長169cm体重63kgのわたしでLサイズがちょうど良い感じでした。

「快適」「ライダー向けの専用設計」「コンパクト収納」と三拍子揃ったこの季節におすすめのウェアです。

キャンペーン情報

商品発送後一ヶ月以内に商品のご感想を頂けるお客様は送料を無料に致します。他の方の参考になるように身長や体重などと一緒にサイズ感を教えて頂けると幸いです。キャンペーンにご参加頂けるお客様は送料無料版のショッピングカートを使用してください。

■ご購入

コンフォータブルライトパーカー ブラック
品番:hww-3-black
メーカー希望小売価格 4980円


サイズ:

■ご購入

コンフォータブルライトパーカー ブラック
キャンペーン送料無料版
品番:hww-3-black-campaign
メーカー希望小売価格 4980円


サイズ:

■ご購入

コンフォータブルライトパーカー ブルー
品番:hww-3-blue
メーカー希望小売価格 4980円


サイズ:

■ご購入

コンフォータブルライトパーカー ブルー
キャンペーン送料無料版
品番:hww-3-blue-campaign
メーカー希望小売価格 4980円


サイズ:

■ご購入

コンフォータブルライトパーカー レッド
品番:hww-3-red
メーカー希望小売価格 4980円


サイズ:

■ご購入

コンフォータブルライトパーカーレッド
キャンペーン送料無料版
品番:hww-3-red-campaign
メーカー希望小売価格 4980円


サイズ:

 


お買い物案内

トップお問い合わせ特定商取引プライバシーポリシー

copyright【c】2011 world walk all right reserved
ワールドウォークロゴ