.

オーバーパンツ 3シーズン対応

ワールドウォークロゴ



バイクパーツメーカー ワールドウォーク −> バイクウエア −> 3シーズン対応 オーバーパンツ
オーバーパンツ

 

気温15度 一般の人にとっては、心地よい陽気かもしれませんが、

気温15度 時速60キロ 湿度30%での走行時。 ライダーの体感温度は、なんと3.2℃になります。

 

薄着でバイクに乗れる時期は真夏ぐらいで、ほとんどの季節ライダーは厚着しなければなりません。

また、服選びを間違えると、暑かったり、寒かったりで体力を削ってしまうことになります。

その為、ライダーの洋服選びはとても大変です。

 

いちいち選ぶのはとても面倒なので、真夏を抜かした3シーズン着る事が出来るオーバーパンツを作りました。

脱着可能な暖かいフリース素材のインナーが付いている為、外気温にあわせて調整することが可能です。

フリースインナーはくるくるっと丸めてしまえば、かさばらない為、荷物になりません。

インナーはウエスト部分はジップでとめて、裾の部分はアウターとインナーをプラスチックファスナー【ホック】で装着することが可能です。

アウターの素材には、防水・透湿素材を採用いたしました。

雨の日には浸水を防ぎ、少し暖かい日に汗をかいても、湿度は外に出す素材の為にムレません。

もちろん風を通す事もありませんので、体温を保つことが可能です。

 

雨などが降った際に縫い目から浸水してしまうことがありますが、全ての縫い目を防水テープを補強しました。

 

裾の部分は二重にしてあります。ナイロンのインナーの裾にゴムを入れてあり絞ることが可能です。

ナイロンインナーはマジックテープで分割できるようになっています。

バイク走行中に下から風が巻き込んできたとしても、インナーが巻き込みの風を防ぎ、雨の日など道路の水たまりを走ってしまった際に

水しぶきが飛んでしまっても、中に履いている衣服に浸水しにくくなっています。

前側にポケットが左右に一つずつ付いており、バイクに乗っている時にポケットに入れているものが

飛び出してしまわない様にチェックで開閉できるようになっています。

股間部分もチャックで開閉できるようにしてありますが、チェック部分がタンクに傷をつけることのないように、

大き目の前タテをつけてあります。前タテがタンクに傷をつけるのを防ぎ、雨天時には雨の進入を防ぎます。

ウエスト部分にはマジックテープでフィット感を調整できるように出来ています。

また、サスペンダーもつけてありますので、ずり落ちないようにしてあります。

股上は深めにとってありますので、シートに座った時に背中が出てしまうことはありません。

また、トップスをオーバーパンツの中に入れる事も可能で、腰を冷やしません。

バイク運転時を想定すると、下から風が吹き上げてきたとしても、体を冷やしません。

 

デザインのアクセントとして、ハンター・ワールドウォークのロゴを左足の部分に刺繍しました。

このオーバーパンツとライダー用 マウンテンパーカーは同時期にテストして作りました。サンプルを作ってもらい走行を繰り返し、完成まで1年間かかってしまいました。年間300日間テストで走行し、総走行距離は1万5千キロを突破しました。どこから雨は浸水してくるのか?どこから風は巻き込んでくるのか?素材の厚みはどの程度が好ましいのか?全ては実走でテストを繰り返し、最適と思われる内容で商品化にいたりました。

これは私自身が欲しいと思って作り上げた商品です。ウエアの商品開発を終えた現在も、私は通勤でバイクを使っています。テストで15000キロ以上走りましたが、これは私が年間にバイクで走る距離となります。毎日のことだからこそ、出来るだけ快適にバイクに乗りたい。その為にはバイクをきちんとメンテナンスして、ストレスなく乗れる状態にしておくのはもちろんのことですが、最適なウエアを選ぶことは絶対条件なのです。

しかし、商品紹介の冒頭でもお伝えしたとおり、天気予報を毎日確認し、洋服を選ぶのはとても面倒です。その為、防水素材を採用し、インナーの脱着によって、3シーズン着れる仕様としました。また、「いかにもオートバイウエアという印象を見せないように」というのも隠れたコンセプトです。


169センチ 62キロ

東京に大雪が降った翌週、房総半島までのロングツーリングへ行く時に履いてみました。結論から言ってしまえば、気温4度前後の寒い日でも「快適」にバイクに乗ることが出来ました。このオーバーパンツはスリーレイヤー構造になっているため、「冷たい風」をしっかりと防ぎつつ、「体の熱」を逃さないというバイク乗りが求める基本機能をしっかりと持っています。

またベルクロ・サスペンダーが付いているので、隙間から進入してくる風もしっかり防いでくれます。簡易防水と、防泥機能もイザという時に安心できるポイントだと感じました。ごつすぎない見た目にしっかりとした機能性を兼ね備ているこのパンツは、この冬バイク乗りの方にぜひ履いていただきたい一枚です。

サイズはMサイズを着用しています。細身のパンツを履いていることが多いのですが、調度良い感じです。ただ、私の愛車はスズキのDR-Z400SMなのですが、オフロードバイクなので、信号待ちなどで止まっている時に足がピンと伸びきります。私の身長だと特に問題ありませんが、もう少し身長が高い方だとLサイズの方がよいかもしれません。


165センチ 64キロ

年の半分以上はこのパンツを着て通勤しています。夏場もリアボックスにしのばせ、雨の日はレインウエアとして使用しています。学生時代サッカーをやっていた為、太ももが太く、パンツは太もものサイズでいつも選んでいます。いつもはLサイズのカーゴパンツを履いている事が多く、その上からパンツを履いています。いつもはいているカーゴパンツはシルエットがかなりゆったり作られている為、このパンツはLサイズで調度良いぐらいです。

ただ、ピッタリ目のジーパンなどを履いている時は、Lサイズだと少し大きく感じます。下に履くパンツのシルエットによって、サイズを選んだ方がよいと思います。


サイズが合わなかったら交換してもらえますか?
交換は可能ですが、返却頂く際の送料のご負担をお願いしております。再送する際の送料は弊社でご負担致します。

レインウエアとして使用することが可能ですか?
可能ですが、レインウエアとの決定的な差は前の部分がジップになってしまっていることです。脱いだり、着たりしやすいようにするための設計ですが、どうしてもジップ部分からは浸水します。大き目の前タテでガードしていますが、多少は浸水してしまう可能性はございます。

真冬でもこのパンツの下は一枚で大丈夫ですか?
人によって感じ方は違うと思いますが、インナーが付いている状態で着ていただければ、大丈夫だと思います。

夏場に着るとやっぱり暑いですか?
以前に事故を起こして以来、夏場もハーフパンツではなく、必ず長ズボンでバイクに乗るようにしていますが、出先でハーフパンツで過ごしたい時などは、このパンツを履いて走行していました。蒸れないのでナイロンのパンツを上から着るよりは全然快適です。

 

ワールドウォークは理念の一つにバイクに快適に乗ってもらう事を掲げています。

しかし、人によって乗っている車種は様々です。

特定の車種を決め快適に乗れるようにすることは出来ますが、全てのライダーが快適にバイクに乗れるようにするには

 

「バイクにつけるものではなく、ライダーが身にまとう物を作らなければならない」

 

という思いから、ウエアの開発は企画されてはいたものの、なかなか実現には至りませんでした。

しかし、ようやく完成したオーバーパンツは、全スタッフが期待した以上の出来あがりになりました。

 

「快適にバイクに乗ってもらいたい」

 

ワールドウォークの理念が生み出した第一弾のライダーが身にまとう商品 3シーズンオーバーパンツ

沢山の方にこの快適さを体感して頂く為に、限定数となりますが、値引きして販売致します。

100着限定です。

 

■キャンペーン情報
商品発送後、一ヶ月以内に商品のご感想とお乗りのバイクなどのお写真をメールにてお送り頂けるお客様には送料無料でお送り致します。頂いたお写真は弊社のホームページ等で感想と一緒に掲載いたします。


■ご購入

3シーズン対応 オーバーパンツ
品番:hww-2
メーカー希望小売価格 9800円 −> 7980円


サイズ選択:

■ご購入

3シーズン対応 オーバーパンツ
キャンペーン送料無料版
品番:hww-2-campaign
メーカー希望小売価格 9800円 −> 7980円


サイズ選択:

お買い物案内

トップお問い合わせ特定商取引プライバシーポリシー

copyright【c】2011 world walk all right reserved
ワールドウォークロゴ