マウンテンパーカータイプ ライディングジャケット

ワールドウォークロゴ





バイクパーツメーカー ワールドウォーク −> バイクウエア −> マウンテンパーカータイプ ライディングジャケット

楽天ランキング1位のウエア

楽天ウエアランキングキャプチャ

バイクウエア1位

−12.8度に耐えるマウンテンパーカー

命を守るマウンテンパーカー

インナー付き ライディングジャケット

止水ファスナー付き マウンテンパーカー

前タテ二重構造

フードは収納可能

裏地には防水テープを装着

こんにちは、ワールドウォークの相京です。このウエアは年間300日ぐらいバイクに乗っている私が何度もサンプルを作って完成させました。私は神奈川県の自宅から東京都江戸川区の事務所まで毎日バイクで通勤しています。真冬には東京都内でも海沿いの道は1度、2度という日が続きます。バイク走行時の体感温度はマイナス10度以下になります。また真夏は30度以上の真夏日を観測する日もあります。

バイクを運転する人間にとって、快適な服装で運転する事は体力の消耗を軽減し、安全な運転につながります。ワールドウォークは快適にバイクに乗る為のバイクパーツの開発を推進しており、様々な車種専用のパーツを販売していますが、全てのライダー向けの商品であるバイク用ウエアを開発するのは当社の夢でした。

冬の寒さに耐えることができるウエアの開発は暖かいインナーを作り、風を通さないアウターを用意することで、ほぼ解決することが可能でしたが、暖かい時期もバイクに快適に乗ることが出来ることを両立させるのは難航しました。

風を切って走行することはバイクを運転する醍醐味の一つですが、風が体にあたり続ける事は想像以上に体力を消耗します。そのため、熟練のライダーほど、真夏日でもハーフパンツやTシャツで運転せず、長袖、長ズボンで運転しています。

しかし、暑い日に長袖の服を着るのは苦痛が伴います。風を通さないナイロンのウエアなどは、ウエアと体の間に熱がこもり、汗をかき、ウエアと肌がぺたぺたとくっついて気持ち悪い思いをします。

そこで見つけてきたのが、透湿・防水素材でした。この素材を採用することで、暑い時期でも熱が体とウエアの間にこもりってしまうことなく、快適に過ごす事ができるウエアの開発に成功しました。このウエアはバイク乗りが快適にバイクに乗る為のノウハウをつぎ込んで作りましたが、こめたのはノウハウだけでなく、ライダーに快適にバイクに乗ってもらいたいという私達の思いもこめられています。

年間15000キロ以上テスト走行して生み出したウエアを体感してみてください。


169センチ 55キロ

普段ジャケットなどアウターのサイズはMサイズで、肩幅と袖の長さはMサイズで調度良い感じです。丈は少し長めでお尻が半分隠れるぐらいでした。中が薄着だと結構余裕がある感じですが、パーカーなど中に着込んでいればちょうどよく着れます。

風も通しにくいので、中に着込んでいれば暖かいです。そこまで分厚くなく、思っていたよりは動きやすいですね!インナーだけでもアウターだけでも切れるので機能性はグッド!ポケットも多いので使いやすいですね。


165センチ 64キロ

普段ブルゾンなどはLサイズを買っています。このウエアは中に何枚か着る事を想定しているので、ジャストサイズで着るのであれば、Mサイズです。防水ジップは便利です。スマホを入れることが多く、当然雨に降られることもありますが、今のところ私のアイフォンは守られています。

パーカーを着た上から、このウエアを着ることが可能です。ゆったりと着るのであれば、Lサイズでもいいのですが、私の身長だと、着丈と袖が少し長いかなと思います。通勤で毎日来ていますが、耐久性も良いと思います。


169センチ 62キロ

このジャケットはタウンユースな見た目の中に、バイク乗りには嬉しい機能を盛り込んだつくりになっています。首元、袖、裾が絞れるようになっているのはもちろん、冬用の暑いグローブでも空けやすいよう、ファスナー部分にはジップタイがつけられています。

胸元にもポケットがありますので、財布を入れておけば高速の料金所やガソリンスタンドなどのシチュエーションで非常に便利です。簡易防水素材で作られている為、ツーリングの途中でちょっとした雨に降られても、内側に染みてこないので安心です。中肉中背の私にはMサイズがジャストサイズです。ゆったりと着たい方はLサイズをオススメします。

少しサイズが大きかった。小さかったという時は交換は可能でございます。ただし、その場合はこちらにお送り頂く際の送料はご負担頂きます。また、再送可能かどうか検品させて頂いた上で交換いたします。なおこちらからお客様に再送する際の送料はご負担致します。


一度台風の時にバイクに乗って帰りましたが、そのときは少しだけポケットの中が濡れていました。通常のチャックだとかなりの水が浸水してしまうシチュエーションでした。完全に水を防ぐわけではありません。雨がひどいときにはスマホなどを入れるのはオススメできません。


梅雨の時期や台風の時期も着用の上、試走しましたが、雨がひどい時に関しては、袖口や前のジップ部分が少し濡れることがありましたが、それ以上に濡れることはありませんでした。バイクで走行した状態でこの状況ですので、街中で着ている場合は更に濡れにくいと思います。


以前に事故を起こして以来、夏でも長袖を着るようにしていますが、薄手のナイロンジャケットだと熱がこもり、かなり暑く感じました。透湿素材なので多少厚みはありますが、涼しく感じます。また、袖口を空けると風が入ってきて走行中は涼しく感じます。停車中は辛いですね。


気温3度、通勤時間1時間。距離30キロ。これが私の通勤時の状況ですが、私の服装はロンティー【ヒートテック】裏起毛のパーカー、インナーをつけたウエア。でした。ツーリングで長距離走る場合や更に長い時間バイクに乗る場合は更に着込んだ方が快適に感じるかもしれません。


■ご購入

マウンテンパーカータイプ ライディングジャケット ブラック
品番:hww-1-black
メーカー希望小売価格 15800円


サイズ選択:

■ご購入

マウンテンパーカータイプ ライディングジャケット ブルー
品番:hww-1-blue
メーカー希望小売価格 15800円


サイズ選択:

 



お買い物案内

トップお問い合わせ特定商取引プライバシーポリシー

copyright【c】2011 world walk all right reserved
ワールドウォークロゴ