スポーツスター タイヤ
ワールドウォークロゴ





バイクパーツメーカー ワールドウォーク  −> 商品一覧 −> 車種別 −> スポーツスター カスタム パーツ −> スポーツスター タイヤ

スポーツスターの純正タイヤは磨り減りません

1万キロ走行した純正タイヤ

スポーツスターの純正タイヤはとても硬いのでほとんど減りません。私は色々なバイクに乗って色々なタイヤを使ってきましたがこんなに磨り減らないタイヤを他に知りません。1万キロ走ってもタイヤの溝がかなり残っています。

私はスポーツ走行するわけではなくツーリングや町乗りをメインにバイクを使っています。そのため溝が残っているうちは使おうと思っていたのですが、たまたまワールドウォークで取り扱っているタイヤメーカーにスポーツスター用サイズがラインナップされていたのでテストのつもりで履き替えてみたところ驚くほどスポーツスターの動きが軽くなったのです。

スポーツスターはタイヤを変えると軽快な走りが手に入ります

ハーレー純正タイヤのサイドウォール

ハーレーの純正タイヤは年代によってダンロップだったり、ミシュランだったりメーカーは異なりますが、どのタイヤもタイヤのサイドウォール部分が硬くなっています。こんなにサイドウォールが硬いタイヤはハーレーの純正タイヤ意外にはありません。

これはパンクした時に少しでも自力で車輌を移動できるようにするためと言われていますが一度でもハーレーをパンクさせたことがあればパンクしたら重くて押すことができないことを知っているはずです。

つまりサイドウォールが硬いことのメリットはありません。逆にサイドウォールが柔らかいと乗り味が非常に良くなり、交差点などの小さく旋回する場面でも軽快さを感じることができます。

 

ラバーマウントスポーツスターはタイヤサイズを変更しよう

 

スポーツスターの標準モデルと言えるXL883やXL1200はフロント19インチ、リア16インチを採用していますが、2004年以降スポーツスターはラバーマウントになり、リアタイヤのサイズが130/90-16から150/80-16に変わりました。2サイズ太くなり後ろから見ると格好良いのですが、信号や小さなコーナーが多い日本ではどっしりとしすぎてしまい軽快さがありません。

2004年以降のラバーマウントスポーツスターの純正ホイールにはリジットスポーツスターが採用しているタイヤサイズの130/90-16を履くことができます。日本国内で軽快に走るのであれば、リジットスポーツスターのサイズ130/90-16がお勧めです。重量もメーカーによりますが、純正タイヤに比べて2.5kg〜3.0kg軽いため、軽量化の際に最も効果があるといわれているバネ下重量が軽くなり動きが大きく変わります。

 

タイヤサイズを変えても強度は問題なし

重いハーレーの車体を支えるのに純正よりも軽くて細いタイヤを履かせても大丈夫なの?と思ってしまうかもしれませんが全く問題ありません。

タイヤにはサイズ表記の他にロードインデックスという表記があります。この表記はタイヤがどれぐらいの荷重に耐えることができ、最高速度は何キロまで使用することが出来るか?ということを示す表記です。

ハーレー純正のリアタイヤはダンロップD401【150/80-16】のロードインデックスは71H
【※年式によって違う】

荷重指数345kg
最高時速210km/hまで

という表記になります。ワールドウォークがお勧めしているSHINKOタイヤの130/90-16のロードインデックスは73H

荷重指数365kg
最高時速210km/hまで

となります。サイズは2サイズ小さくなりますがスポーツスターのノーマルタイヤよりも高負荷に耐えることができます。

またフロントタイヤもハーレー純正はダンロップD401F【100/90-19】でロードインデックスは57H

荷重指数230kg
最高速度210km/h

となりますが、ワールドウォークオススメのSHINKOタイヤの100/90-19のロードインデックスは61H

荷重指数257kg
最高速度210km/h

なのでさらに高荷重に耐えることができることになります。

スポーツスターにオススメなのはSHINKOタイヤ

SHINKOタイヤと言われても知らない人も多いと思いますが、じつはYOKOHAMAタイヤが最近まで販売していた二輪用タイヤをOEMで生産していたメーカーです。YOKOHAMAタイヤが二輪タイヤを撤退してしまったため、最近ではSHINKOとして独自に販売をスタートしました。

各社タイヤメーカーが四輪用タイヤに力を入れている中でSHINKOは二輪用タイヤにもしっかりと力を入れており、国際A級ライダーを使ったサーキットテストを行いハイグリップタイヤやロングライフタイヤなどユーザーが求めるタイヤを製造しています。

アメリカではドラッグレースで高い評価を得ています。

ワールドウォークでスポーツスター用に販売しているSHINKOタイヤのパターンはSR777です。車重の重いアメリカン用に耐強度に優れた素材ケブラーブレーカーを採用し、高速道路での安定性と高負荷に対する強度を確保しているのタイヤです。直線的なトレッドパターンはドライ、ウェットどちらでも優れたトラクション性能を発揮しています

 

ホワイトウォールタイヤで見た目もドレスアップ!

サイドウォール部分が白くなっているタイヤをホワイトウォールタイヤと言います。ホワイトウォールタイヤはクラシック系のバイクをカスタムする際に好まれています。誕生からほとんどスタイルが変わっていないスポーツスターにはホワイトウォールタイヤが良く似合います。

SHINKOはスポーツスター用のタイヤサイズだと100/90-19、130/90-16、150/80-16の3サイズはホワイトウォールタイヤを展開しています。タイヤ交換のついでに見た目もドレスアップしたい!という方にはホワイトウォールタイヤがオススメです。

 

消耗品の交換としてではなくカスタムとして使って欲しい

純正タイヤと社外のタイヤでは乗り心地が異なります。私も色々なタイヤを試した上でSHINKOタイヤにたどり着きましたが、純正タイヤから社外のタイヤに変えると感動がありました。

それだけハーレー純正タイヤは日本の道路事情にはあっていないということです。タイヤというと消耗部品という認識しかない方も多いのですが、実際には車体を構成するパーツの中で地面に接地している唯一のパーツです。

そのため、タイヤを交換すると大きく車体の動きが変わります。どちらかと言えば純正タイヤサイズよりも太いタイヤを履かせたいという人が多いと思いますが、あえて純正よりも細いタイヤサイズにする事で加速・旋回どちらも性能が向上します。是非スポーツスターの走行性能を改善する為のカスタムの一つとしてタイヤ交換をご検討下さい。


フロントタイヤ 100/90-19を採用している車輌
XL883
XL883L(2010年式以降のスーパーローは18インチを採用)
XL883N XL883R XLH883 XLH883H XL1200L XL1200N XL1200R
XL1200S

リアタイヤ 150/80-16【130/90-16】を採用している車輌

XL883
XL883L(2010年式以降のスーパーローは18インチを採用)
XL883N XL883C XL883R XLH883 XLH883C XLH883H XL1200C XL1200L XL1200N XL1200R XL1200S XL1200X XL1200V

タイヤスペック

SR777 100/90-19
ロードインデックス:61H チューブレスタイヤ
ホワイトウォールタイヤもあり

SR777 130/90-16
ロードインデックス:73H チューブレスタイヤ
ホワイトウォールタイヤもあり

SR777 150/80-16
ロードインデックス:77H チューブレスタイヤ
ホワイトウォールタイヤもあり


 

スポーツスター用タイヤ SR777 SR777 100/90-19 ¥8500 【ホワイトウォール ¥10800】
130/90-16 フロント用 ¥11800 【ホワイトウォール ¥16500】
130/90-16 リア用 ¥12000【ホワイトウォール ¥16500】
150/80-16 ¥14500【ホワイトウォール ¥19800】
 



お買い物案内

トップお問い合わせ特定商取引プライバシーポリシー

copyright【c】2011 world walk all right reserved
ワールドウォークロゴ