.

マルチガジェットマウントバー

ワールドウォークロゴ




バイクパーツメーカー ワールドウォーク  −> 商品一覧−> 外装 −> マルチガジェットマウントバー


スマホやUSBチャージャー、ナビなど複数のガジェットをマウントするバーを作りました

ワールドウォークは視認性の良い場所にスマートフォンをマウントする為のバーをリリースしています。大変ご好評頂いていますが、イベントなどでお客様のバイクを拝見すると複数のガジェット(便利な小物)をハンドル周りにマウントしているのを見かけることが増えてきました。

しかし近年テーパーハンドルを採用している車両も増えてきておりハンドル径が一定ではないのでガジェットの装着が難しく、スクーターなどはクランプするハンドルが露出していない車種が多いのでハンドルマウントのガジェットが装着できません。。またハンドルの形状も真っ直ぐではないので取り付けに苦労する事もあります。

そこでワールドウォークが開発したのが複数のガジェットをマウントする事を目的に開発したバー。マルチガジェットマウントバーです。

複数ガジェットをマウントするのに最適な剛性、設計を取り入れています

スマートフォンやドリンクホルダー、USBチャージャーやナビゲーションシステムなどハンドル周りにマウントして使うガジェットは増えており、快適にバイクに乗るために複数のガジェットをマウントして使用しているユーザーが増加傾向にあるのは前述したとおりです。

マルチガジェットマウントバーは車種によって取り付け方法が若干異なりますが複数のガジェットをマウントしても問題ない強度を確保しバー本体は国産ハンドルと同じ22.2φを採用。バイク用のガジェットであれば殆どの製品をマウントする事が可能です。

車体との干渉などを避けるために車種によってバーの長さは異なりますが3〜5個程度のガジェットをマウントする事を想定しています。

メーターの視認性には充分配慮して設計しています

メーターにはスピードやガソリン残量、オドメーターなど大事なインフォメーションが表示されます。そのためガジェットを装着した際にメーターの視認性が悪くなってしまうのは避けたいところです。ガジェットを装着する位置は工夫しなければなりませんが、可能な限りメーターの視認性が悪くならない位置にバーがくるように調整しました。

ハンドルをフルできってもタンクにあたりにくい設計です

ハンドルをフルできった時にスイッチボックスとガソリンタンクのクリアランスが狭いバイクは多々あります。そのためハンドルバーに直接ガジェットをマウントすると干渉してしまうリスクがあります。マルチガジェットバーはハンドルバーよりガジェットをマウントするバーが高い位置になるようしているので干渉しずらい設計です。

 

 
ガジェットの脱着を繰り返す事を前提に設計したのでバー本体部分は硬く摺れに強いスチールを採用しカチオン塗装で仕上げています。密着性に優れた厚い塗膜を形成することができるため、防錆、防食効果の高い塗装です。
 
バーをクランプする部分は軽量で腐食に強いアルミを採用し塗装で仕上げています。バーエンド部分にはプラスチック製のキャップを採用。雨天時に水などが入るのを防ぎます。全ての素材を同じにするのではなく、場所によって最適な素材を選択しています。

各車種取り付けイメージ

 
 

   
   

 

 


マルチガジェットマウントバー mgb ¥4,000〜
 


 


お買い物案内

トップお問い合わせ特定商取引プライバシーポリシー

copyright【c】2011 world walk all right reserved
ワールドウォークロゴ