.

モンキー125用ビキニカウル

ワールドウォークロゴ




バイクパーツメーカー ワールドウォーク  −> 外装 −> モンキー125用ビキニカウル


モンキー125で遊ぼう!

厳しくなる排気ガス規制と50ccの販売不振でカタログ落ちしてしまったモンキーですが最終モデルが発売される直前に開催された東京モーターサイクルショー2017で発表されたのがモンキー125です。ホンダのグロムに搭載される125ccエンジンを専用セッティングにして搭載されたモンキー125は大いに注目を浴びました。

モンキーと言えばカスタムを楽しむユーザーが多い車種としても有名です。モンキー125用ビキニカウルはワールドウォーク開発陣のアソビゴコロで生まれました。

大きさのミスマッチが楽しい

?

ワールドウォークには丸目一灯のバイクに装着する為のビキニカウルが3つ揃っています。その中でもモンキー125用に選択したのは250ccクラスから1000ccオーバーの車両まで幅広く使っている大きめのビキニカウルを選択しました。125ccクラスのバイクにしてはヘッドライトの径が大きかった事もありますが、モンキー125の車体に対して若干大きめのカウルとのミスマッチ感を楽しんで欲しいという開発陣の意図があります。

純正色に合わせて塗装します

モンキー125に採用されている塗装色はパールネビュラレッドとバナナイエローの二色。どちらも他のホンダ車には採用された事がない新色です。ワールドウォークではいち早く塗装されているパーツを手配して調色データを作りました。

スクリーンの形状とカラーは二種類

?

スクリーンはカウル内に納まるタイプR形状と30mmほど長いタイプAERO形状のどちらかを選択可能です。見た目的にはタイプRの方がスッキリとしたシルエットになりますが、タイプAEROの方が防風効果が高くなっています。

スクリーンの色はスモークタイプとクリアタイプを選択可能。ドライブレコーダーやアクションカムなどをハンドル周りに設置する場合にはクリアがオススメです。

下道のトコトコツーリングが更に快適に!

通勤で一週間ほど試乗してみたところ、なんと燃費はカタログスペックよりも上の79km/Lでした。燃料タンク容量は5.6Lなので計算上の連続航行距離は脅威の442km。ふかふかのシートと前後共に柔らかいサスペンションの乗り心地は良好で長距離運転時の疲労を和らげます。

モンキー125にビキニカウルを追加で装着する事で体に当る風を緩和させ疲労を軽減します。タイプR、タイプAEROスクリーン共に体の中心にあたる風を緩和させます。身長などによっても体感には差がでますがタイプAEROスクリーンの方が30mm長いのでヘルメットから下にあたる風を。タイプRスクリーンは首下にあたる風を緩和させるイメージです。

更にビキニカウルは整流効果にも優れているのでダウンフォースを発生させフロントタイヤの設置感をサポートします。

 

モンキー125用ビキニカウル ds-07 ¥22,800〜¥24,800
 


 


お買い物案内

トップお問い合わせ特定商取引プライバシーポリシー

copyright【c】2011 world walk all right reserved
ワールドウォークロゴ