バイク用 バッテリー

ワールドウォークロゴ




バイクパーツメーカー ワールドウォーク  −> 商品一覧 −> バイク用 バッテリー

 

二種類のバイクバッテリーを扱っています

ワールドウォークでは二種類のバイクバッテリーを扱っています。輸入商社やバイク屋さんと一緒に作ったF1バッテリー。そして日本に比べて圧倒的にバイクユーザーが多い台湾で純正採用されることが多い台湾ユアサです。F1バッテリーはオリジナル商品のため一年間の品質保証をお付けしております。台湾ユアサは並行輸入品として台湾から直接輸入しているため格安で販売しておりますが保証等はございません。サービスに優れたF1バッテリー。ブランド力の台湾ユアサ。あなたが重視するポイントでお選び下さい

 

メーカー・排気量別に適合表を作りました。お乗りのバイクに適合するバッテリーがわからない場合などは参考にしてください。※型式や車種名が一緒でも年式によって違う場合があります。 GSユアサや古河はもちろんですが、マイナーなメーカーとの互換も掲載しました。お乗りのバイクに装着しているバッテリーがわかる場合はこちらをチェック。 学生さんのエコランチャレンジやフォーミュラーなどの大会にスポンサーとしてバッテリーを供給しています。学生さんたちの頑張りに勇気付けられます。

 

 

新品に交換したのに、セルモーターも回らないし、ライトもつかない

ワールドウォークで販売している全ての製品は発送する前に補充電をかけてから発送しています。あなたの手元に届いた時点でバッテリーの電圧は充分に高い状態です。電圧があるにも関わらずセルモーターもライトもつかないと言うことは電流が流れていない事が考えられます。

その場合はプラス、マイナスのターミナルが正しく接続されているかどうか?バイクのヒューズが切れていないか?を確認してみてください。


新品に交換したのにすぐにあがってしまった

通常バイクはジェネレーターが電気を交流の電気を発電しレギュレターレクチファイヤが直流の電気に変換しつつ一定の電圧にしてバッテリーが充電されます。ところがレギュレターやジェネレーターが壊れると正しい電気の量が充電されなくなり走行していてもバッテリーの電圧は徐々に下がってしまう可能性があります。エンジンがかかっている状態で電圧チェッカーをあて、アクセルをふかしても電圧が上がらなければレギュレターやジェネレーター異常の可能性があります


セルモーターは勢い良く回るのにエンジンがかからない

セルモーターが回っているということは電気は問題なく出力できているということです。エンジンがかからない状態でひたすらセルモーターを回してしまうと電気を使い切ってしまいあがってしまう可能性があります。

プラグがガソリンなどで濡れてしまうと火花が飛ばなくなってしまうのでエンジンはかからなくなってしまいますし、エアクリーナーが詰まっていても同様です。燃料コックがオフになっていてもエンジンがかかりません。

この症状の場合はバッテリー以外が原因でバイクのエンジンがかからない可能性が高いので無理にセルモーターを回し続けないで下さい。


バイクのバッテリーが膨らんでいたのですが大丈夫なのでしょうか?

最近のバイクバッテリーはメンテナンスフリーを採用しています。バイクのバッテリーにはメンテナンスフリーと開放式があり、開放式は後からでも希硫酸を加水できるのが特徴です。それに対してメンテナンスフリーは密閉性が非常に高く希硫酸が蒸発してケースの外に出て行くことがありません。またメンテナンスフリーは一度蓋をしてしまったら開閉することはできません。

レギュレターなどの整流装置が壊れると、規定の電圧以上に電気がチャージされバッテリー内の希硫酸が蒸発してしまうことがあります。しかしメンテナンスフリーは蒸発しても外にでないためケース自体が膨らんでしまうと症状が発生するのです。このケースの場合はレギュレターの故障の可能性が高いのでレギュレターの交換修理を行ってください


バイクのバッテリーが上がってしまったので充電しようと思うのですが、充電機はどんなものでもOKですか?

どんなバッテリーにも使用できものも存在しますが、開放式専用の充電機も存在します。こういった充電機は充電圧が高いためメンテナンスフリーバッテリーに使ってしまうと膨らんでしまったり、破損してしまう可能性があります。お使いのバッテリーを確認し、メンテナンスフリータイプだった場合はメンテナンスフリー対応の充電機を使ってください。充電機購入時にはバイク用品店など、バイクのバッテリーを扱っているお店で対応している充電機を聞いてから購入することをおすすめします。


乗っているバイクのバッテリーが開放式の場合はメンテナンスフリーは使えますか?

開放式を採用しているバイクのほとんどは古いバイクです。現行のバイクで開放式を採用している車輌はありません。古いバイクと新しいバイクの違いはレギュレターなど電気の整流装置の精度です。古いバイクは現行のバイクほど発電した電気を一定の電圧に保つことができないため、メンテナンスフリーバッテリーを装着するとバッテリー膨らんでしまったり、破裂するなどのトラブルになることがあります。


開放式バッテリーを指定しているバイクでもレギュレターを変えればメンテナンスフリーが使えると聞いたのですが?

開放式バッテリーを指定しているバイクでもメンテナンスフリー対応のレギュレターに変えれば使えるという間違った常識が広まっています。レギュレターは高い電圧を適正な電圧にしてバッテリーに送る役割を担っています。しかし古いバイクのレギュレーターはエンジンの回転数が高いときに発電した高電圧をうまく整流できずに流してしまうために膨らんだり破裂したりするトラブルを起こします。性能の良いレギュレターに交換することでこういったトラブルを回避することはできますが、最近のバイクに比べて古いバイクは低回転時のジェネレーターの発電量が小さい傾向にあります。レギュレターは小さい発電量を大きくすることは出来ません。高回転時の高電圧を低くし、低回転時は電圧が不足するために常に電圧が不足するようになります。開放式を指定しているバイクをメンテナンスフリー対応にする為にはレギュレターとジェネレーターどちらも交換が必要となります。


ターミナルの所に白いかたまりが固着しているのですがそのまま繋いで大丈夫ですか?

バイクバッテリーは放電していく過程でサルフェーション(硫酸鉛)が電極版に付着します。充電されればサルフェーションは溶解し電解液に溶け込みますが、長期間放置されたり、長期間充放電を繰り返しているとサルフェーションが硬質化し溶けなくなってしまいます。サルフェーションは電気を通さないので硬質化すると性能が低下してしまいます。ターミナル部分に付着する白いかたまりもサルフェーションが硬質化したものです。前述したとおり電気を通さないのでターミナルとバッテリーの間にサルフェーションがあると通電しない可能性があります。金属ブラシ等で剥がすようにしてください。


交換したバイクのバッテリーはどのように処分すればいいですか?
バイクのバッテリーは素材ゴミや普通ゴミとして処分することができません。車用品店、バイク用品店、ガソリンスタンドなど無料で回収してくれるところがありますので問い合わせて下さい(有料の場合もあります)。なお弊社までお客様送料負担でお送り頂ける場合は無料で処分いたします。お持込でも処分させて頂きますが、あくまで弊社でご購入の場合に限りとなります。


お買い物案内

トップお問い合わせ特定商取引プライバシーポリシー

copyright【c】2011 world walk all right reserved
ワールドウォークロゴ